カナダ・トロントの毎日明るい あいたす日本語学校

トップページ > お役立ち情報 > 日本語教師を目指す方へ > 海外で教える

日本語教師を目指す方へ

海外で教える

どうすれば海外で日本語教師ができますか?

6つの方法をご紹介します。

(1) 民間の日本語教師派遣プログラムに参加
(2) 公的の日本語教師派遣プログラムに参加
(3) 日本国内の日本語学校に採用された後、関連校に赴任
(4) 海外の大学、大学院で勉強しながらTeaching Assistantとして教える
(5) 海外の養成講座を受講し、その学校または提携校で就職
(6) 海外の学校の採用試験に合格し就職

(1)(2)について少し説明を加えると・・・、

(1) 民間の日本語学校やインターン専門機関が行っている海外派遣プログラム
プログラム参加費がかかります。地域、学校によっては、滞在費、住居費、交通費など支給される場合もあります。

・日本語教師インターン
参加するには、資格とされる基準を満たしておく必要があります。プログラム費用は1ヶ月~1年で10万~60万円(派遣地域によっても変わります。)プログラムに参加し、実習する(教師経験を積む)ことができます。有償または無償の派遣となります。

・アシスタント日本語教師
オーストラリア・カナダ・イギリスなどが人気。参加するには、目安として英検準2級、TOEFL450ぐらいの英語力が必要。資格などは特に必要なし。日本語を教えたり、日本の文化、折り紙や料理などを教え、小学校や中学、高校などで国際交流をするプログラム。プログラム費用は1ヶ月~1年で10万~60万円(派遣地域によっても変わります。)。有償または無償の派遣となります。場所によって住居費がかからないこともあります。

(2)の代表的なプログラムは国際協力事業団(JICA)の青年海外協力隊
途上国へ派遣。年に2回、春・秋募集。滞在費、住居費、交通費などは支給されます。選考では最低2年以上の経験必要。



海外の日本語教育情報はどこで得られますか?

国際交流基金のホームページで情報が得られます。

日本語教育国別情報
130カ国・地域の日本語教育についての情報が国別にまとめられています。日本語教育の実施状況、教育制度などの情報が閲覧できます。

海外日本語教育機関検索
国際交流基金が2006年度に実施した「海外日本語教育機関調査」に回答のあった機関の情報が掲載されています。



メールマガジン登録・解除
海外で国際交流! カナダ日本語教師 わくわく通信
カナダの日本語教育事情、ボランティア募集、求人情報、海外生活のお役立ち情報など配信中。さらにセミナー・講演、イベント等のご案内も差上げます。

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

-

取材・執筆ご依頼はこちら

セミナー・講演ご依頼はこちら

日本留学受入校ご依頼はこちら

お問合せ

コース・プログラム

メディア掲載

プロフィールのご紹介

学校のご紹介

学校場所・地図

教材ガイド

お役立ち情報

よくあるご質問

お問合わせ

プライバシーポリシー

サイトマップ

学校ホームページ(英語)

学校ブログ(日本語)

Valid XHTML 1.0 Transitional

Valid CSS

Our students are coming from greater Toronto and across Ontario including: Toronto, Ajax, Barrie, Brampton, Burlington, Etobicoke, Kitchener, Guelph, London, Markham, Mississauga, Newmarket, Niagara Falls, Oakville, Oshawa, Pickering, Richmond Hill, St. Catharines, Scarborough, the GTA, Thornhill, Waterloo, Woodbridge

© Kyoko Saita & Aitas Japanese Language School Inc. Since 2003